ワンピース航海記録 | 新刊/考察/感想/漫画/アニメ/映画

ONE PIECEの最新情報を熱く追いかけ、ワンピースの全てを濃く書いていきます。

第875話 「女の仁義」 プリンの本心がわからないわ、再び!

 875話の感想です。

 表紙連載は「四皇!?関係ねえべー!!」バルトロメオが赤髪のシャンクスの海賊旗を燃やします。その四皇はルフィの大恩人ですよ・・・!

 背表紙は、ルフィがフランキーを仲間に誘うところ。海パン返してほしければ、仲間になれって、字だけ見たらすごく変です(笑)

 キングバームはやられ、走って逃げることになったルフィ達。マムの追撃は止まらず・・・!

続きを読む

第874話「キングバーム」 プリンの本心がわからないわ!

 874話の感想です。

 今週の表紙イラストは、人気投票の一部キャラが登場。これだけ見ると、本当に意味不明なメンツです。

 背表紙は「船大工の覚悟」。先週は「メリーとの別れ」でした。感動ポイントは先週の方が高いかな。

 前回は食いわずらいで暴走したマムが、ペロスペローのウソに乗せられ、ルフィ達を追撃!逃げきれるか・・・?

続きを読む

第867話「HAPPY BIRTHDAY」 ビッグマムの過去は恐ろしいものでした・・・

 867話の感想です。

 

 表紙連載は「人気ありすぎの罪でわずか74人の部下とわずか5億ベリーを渡され国外追放されたドン底人生」。キャベンディッシュの様子から、どこら辺がドン底なのかを問い正したいところです。

 

 背表紙は「兄弟!」。エースがゾロ達にルフィのことをよろしく言う場面ですね。

 

 前回、セムラを求める食いわずらいによりエルバフの村をほぼ壊滅状態に追い込んだリンリン。怒るヨルルはリンリンに向かって、剣を振り下ろしますが・・・。

 

続きを読む

第873話 「八方塞菓子」 ぺロス兄に死亡フラグか?

 873話の感想です。

 表紙連載は「民衆の皆さんにはステッカー半額キャンペーンなのだが・・・!?」
 押し掛け迷惑野郎であるバルトロメオが上陸した島は、まさかの赤髪海賊団の領土。事前に確認しとけよ・・・。

 背表紙は「本音は」。生ぎたいっ!!!!

 結局、全員無事だったビッグ・マム海賊団。しかしマムの様子がおかしく・・・

続きを読む

20周年記念!! 「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」感想

f:id:katakunad:20170722223005j:plain

 最近忙しくめっきり更新頻度が落ちているけど、今日は逃すことができません!

 本日、7月22日はワンピースが連載された日。つまりワンピースの誕生日ですね。

 そんな記念すべき今日は、ワンピース映画で個人的に一番面白かった「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」の感想を書いていきます!

続きを読む

第872話 「とろふわ」 懐刀の活躍

 872話の感想です。

 今週は20周年ということで巻頭カラー!麦わらの一味がレイドスーツのような姿で登場です。「ジェルマ66」ならぬ「麦わら56」!個人的にブルックがツボでした。

 背表紙は「ロビンへ」。生きたいと言えェ!

 前回ビッグ・マム海賊団にやられていったルフィとサンジとヴィンスモーク家。処刑が開始されると思いきや、ホールケーキ城の根っこ部分で玉手箱が爆発し・・・

続きを読む

第55話「JUNGLE BLOOD」 蹴りが華麗なコック

 55話の感想です。

 表紙連載は「おおキャプテン、我らが胸に」。バギー一味がバギーの死(?)に涙する場面です。胴体パーツが残っているんで、死んではいないことがわかりそうなものですが。

 

 鉄壁の防御を誇るパールと対峙するサンジですが、相手は偶然とはいえルフィとクリークの対決により、鼻血が出てしまいます。するとクリーク海賊団が慌てだし・・・。

ストーリー

 サンジやゼフといったバラティエ陣営のメインが活躍しています。こんな状況になったのも、パールってやつのせいなんだ・・・。

ジャングルファイヤー!

 鼻血が出たことにうろたえるパール。すると自分の盾をガンガンと鳴らし・・・

「身のキケーン!!!」

 なんと自分の装備している盾が発火!どこから出てきたファイヤー。

 パールはジャングル育ちのため、身の危険を感じると火を焚く癖があるようです。

 さらに火をまとった真珠玉を投げつけてきます。奪う船なのに大暴走しすぎだよ、パールさん!

 

華麗なる足技

 もはや船を燃やす気とも言えるパールに、サンジが炎を避けながらキック!

 周りの炎を気にしないサンジにパールはびっくりです。

「バーカ 炎が怖くて料理人(コック)が務まるかよ」

 パールの追撃をかわし、今度は顔面に蹴りを叩きこむサンジ。実力の違いがよく見られます。

 さらにうろたえるパールは再び火をまとった真珠玉を投てき。狙いはなんと店本体!

 店の前にいるゼフも巻き込まれると思いきや・・・

「足一本なかろうともこれくらいなら造作もねェこった」

 なんと蹴りの風圧で、火を鎮火!赫足の異名を汚さない、神技です。

 

まさかの人質

 このままでは船も燃えると判断したクリーク。例の棘つき鉄球でヒレごと破壊しようとします。

 しかし振り下ろした先に、ルフィ登場。ゴムゴムのバズーカで鉄球をはじき返します。

 はじき返された鉄球は、クリークの近くに会ったマストに当たり、折れたマストに当たったのは・・・パールさん!思いっきり頭から喰らっています。

徐々にクリーク海賊団を押すルフィとサンジですが、後ろで何かが折れる音が。

「おれはあんたを殺したくねェ!!!」

 なんとギンがゼフの義足を折り、頭に拳銃を突き付けています。何をするだァーッ!

 人質にされたゼフの運命はいかに・・・?

 

登場キャラ

・サンジ

 持ち前の蹴りと身軽さで、パール相手にダメージを与えていきます。もうこの時点で完全に優位に立っていますね。

 考えてみればたかだかレストランの古株が、東の海で名をはせた海賊の部隊長相手よりも強いってすごいことですよね。恩師のおかげでもあるんだけどさ。

 今回のパール戦、カッコいいのはその表情。ところどころ不敵に笑っているのが、いい感じにサンジの実力を教えてくれています。

 

・ゼフ

 こちらも強力な足技を披露。燃える真珠を蹴りの風圧で消すとか、とんでもない話です。

 よく見るとこの時に使っていた足は義足の方。9巻のSBSでも触れられていましたが、キックは軸足が大事なようです。でも正直2年後とかだと、この説明にも無理がある気がするの・・・。

 

・パール

 ジャングル育ちという新たな設定が加えられ、身の危険を感じると火を焚きます。攻撃方法も火をまとった真珠を投げる「ファイヤーパール大特典」を披露します。

 鼻血程度でこんなに大暴れする奴とか、組織としてはもてあましそうですよね。

 というか今回全体を通して、メンタル弱すぎでしょ、パールさん。この人はゲームしても、自分が常に有利にならないと、面倒くさくなるタイプだな。

 

・ギン

 ラストのラストでゼフの義足を折り、人質に取りました。

 当時は、ミホークあたりのところから、めっきり登場してなかったので、存在自体忘れてましたね。

 そう思うとすでに敵の一人を店に入れこませていたんだよな。これってかなりヤバいことなんじゃ・・・。

 

・ルフィ&クリーク

 いちおう戦闘はしていましたが、サンジとパールのおまけ感が強かったです。というかここからしばらく見せ場ないんだよな・・・。

 

感想(個人的名シーン&名セリフ)

 本気を出したパールさんとサンジの第2ラウンドな話。とはいえ、どう見てもサンジが一方的に勝っているような印象です。

 サンジとゼフの蹴り技が活躍してましたね。キックを主軸にして戦うキャラってカッコいいのが多い気がする。

 ただこの2人が凄いだけで、盛り上がりには欠ける気がします。もうちょっと善戦してくれよ、パールさん・・・。

 

・パール「身の危険!!身の危険!!」

    「身のキケーン!!!」

 火を焚く際のパールのセリフ。彼の必死感がよく伝わります。この人はジャングルでどんな経験をしてきたんだ・・・?

 

・サンジ「バーカ 炎が怖くて料理人(コック)が務まるかよ」

 パールの周りの火を避けて、蹴りを入れた場面のセリフです。この時の決め顔がサンジらしくて好きですね。

 セリフ通り、火をビビってはコックはできそうにありません。だいたいサンジなんて、この後自分の足を燃やして攻撃するくらいだし。

 

 次回は過去編突入。主要キャラの過去編は期待しかない!

第871話「がんばれシーザー」 一番頑張っているのはイチジ

 871話の感想です。

 

 表紙連載は「悪共に麦わらの一味ステッカーとルフィセンパイピンバッヂを特別価格で販売」です。普通に考えて海賊のバッヂを押し売りとか、嫌がらせ以外の何物でもないな(笑)

 

 背表紙は「そげキング・・・?」アニメがめっちゃ面白かったですね。

 

 ベッジを抱え、ビッグ・マム海賊団から逃げるシーザー。ルフィとサンジ、ジェルマの5人が護衛につきますが、はたして・・・?

続きを読む

第54話「パールさん」 パールさんマジパールさん

 54話の感想です。表紙連載は「海賊同盟」。バギーとアルビダが乾杯し、同盟を決めたところです。もしかしてこれが作中初の同盟か?

 

 前回サバガシラ号でクリークに攻撃を仕掛けるものの、受け止められ投げ返される始末。しかしバラティエ陣営も負けておらず・・・

続きを読む