ワンピース航海記録 | 新刊/考察/感想/漫画/アニメ/映画

ONE PIECEの最新情報を熱く追いかけ、ワンピースの全てを濃く書いていきます。

第36話「追え!!」 戦う男たちは真剣です!

スポンサーリンク


 36話の感想です。表紙連載は「モージとカバジ」。オレンジの町から逃げるように去っていきます。モージなんかシュシュに噛まれてるし(笑)


 ウソップに言われた通りカヤを守るために共に逃げるにんじん、ピーマン、たまねぎ。後ろを振り返ってもジャンゴは追ってこず安心した瞬間、林の木が一気に切られました。ジャンゴはチャクラムを使い、木を切り倒しながらカヤを探します。一方海岸ではウソップがジャンゴを追いかけようとしますが、クロとブチが立ちはばかります。彼らを退かすためにルフィとゾロが2人と激突します。

 


 ルフィ達がカヤたちを守るためにクロネコ海賊団の主力勢と激突します。いよいよ最終決戦と言う感じがする展開が良いですね。見どころとしてはルフィ、ゾロ、ウソップそれぞれのセリフです。この回の3人は誰かのために戦う男という感じでカッコよさがにじみ出ています。

 ちなみにこの話が5巻の最初です。もう結構書いたな・・・。

 

登場キャラ


・ルフィ
 前半はウソップへの心配といった心遣い、後半はクロとの戦闘です。今回全体を通して男らしいというか主人公らしいというか、その類のカッコよさがあります。セリフも迫力があり、どことない安心感も持てるような形でした。眠っていた分の彼の魅力を思いっきり出してましたね。
 戦闘では本格化するのは次回からですが、ゴムゴムの槍を披露。鞭に続く足技です。両足裏を合わせて、突き刺すような蹴りを入れます。

・ゾロ
 ブチと戦います。ほとんど彼を圧倒し、ウソップに手を出させないために押さえた後に一撃で仕留めます。仕留めるシーンは1ページすべて使用した迫力ある絵となっています。全体的に迫力ある感じで久しぶりに「魔獣」という感じです。
 後半は動けないウソップを担いでジャンゴたちを追いますが、道に迷いかけています。ここら辺からあのとんでもない方向音痴が始まったのだろうか・・・?

・ウソップ
 ジャンゴたちを追うために頑張ろうとしますが、そのボロボロな様子から体が全く動きません。ここまでは血を流していながらもクロを殴る時くらいしかおもいっきり動いていなかったので、動けないくらいフラフラだったことに少し驚きました。まあこの時点ではまだホラ吹きの一般人だしな・・・。
 身体動かないくらいの重傷で変な体勢になりますが、セリフがとてもかっこよく、ウソップの気持ちがダイレクトに伝わります。この必死さが良いんです。

・カヤ&ウソップ海賊団
 4人で林の中に逃げ込みます。しかしカヤは高熱を出しフラフラになり、ウソップ海賊団はカヤを走らせることを危険と判断しジャンゴと戦うことを決意します。しかし一気に木を切った男がいきなり出てきたらビビりもしますよ・・・。

・クロ
 カヤを追いかけようとするウソップやゾロの前にたちはばかりますが、ルフィに退かされ対決します。能力者相手にビビりもせず、戦おうとするところは自分の実力に自信があるからでしょう。文面だけなら主役っぽいですが、彼の場合性格も含めて敵の強者感が凄いです。
 全体的に無表情で、一回笑うくらいです。カヤに情を感じないと言っただけでなく、ブチがやられても全く表情を変えないのはなかなか恐ろしいものでした。もともとお前の部下だろうに・・・。

・ジャンゴ
 最初にチャクラムで一気に木を切り倒す実力を見せつけます。まともな戦闘シーンが今までなかったですが、さすがは現クロネコ海賊団船長です。ラストにはカヤたちを見つけます。最初の実力を見せられたらこの恐ろしさは言わずもがなです。

・ブチ
 ゾロと戦います。催眠術によりパワーアップしましたが、終始ゾロに押され最後は一撃で沈められます。ゾロは彼におとなしくしてろと言われてましたが、やらなきゃクロに殺されていたのでどのみち怪我するのは免れない状況でしたね。

 

個人的名セリフ&名シーン


・ゾロ「てめェはもう充分暴れたろ・・・!!活かしといてやるから黙って寝てろ!!」
 ゾロがブチを抑え込むシーンでのセリフです。セリフの内容と表情でまさに「魔獣」感がにじみ出ているので、個人的に好きです。
 ところでこのセリフ「活かす」と書かれてますが、「生かす」ではないのでしょうか?状況的に「生かす」の方がしっくりくるのですが。

・ウソップ「敵わなくたって・・・守るんだ・・・!!!あいつらはおれが守る!!!!」
 ジャンゴを追いかけようも倒れてしまった後のセリフです。お尻を突き出した情けない格好で、涙と鼻水と血で顔をぐちゃぐちゃにしながら言うところは、彼の思いと本気がよく伝わる場面です。
 当時では熱いシーンという印象でしたが、読み返すと今後の彼の成長もよくわかっているので感動的な印象もありました。

・ルフィ「もっかいウソップを笑ったら殺す」
 ウソップを笑ったクロネコ海賊団の船員たちに向けて言ったセリフです。この時のルフィは落ち着いていながらも迫力があり、その目はバギーに帽子を傷つけられた時を彷彿させます。誰かのために本気で怒れる人物は、個人的に良い印象です。

・ルフィ「死なせたくない男がこの村にいるからだ!!!」
 クロの質問に対してのルフィの返答です。誰かのために自らの命を懸けて戦う・・・まさに王道の主人公です。「にっ」と笑う表情も印象的ですね。
 この後にも続くルフィとクロのやりとりも印象的でした。

 次回はルフィとクロの戦闘が本格化します。クロの回想に加え、ちょっと懐かしいキャラも出ますよ。