ワンピース航海記録 | 新刊/考察/感想/漫画/アニメ/映画

ONE PIECEの最新情報を熱く追いかけ、ワンピースの全てを濃く書いていきます。

第5話「海賊王と大剣豪」 幼き頃の約束

スポンサーリンク


 第5話の感想です。
 話としては、ゾロとコビーのピンチからルフィの刀探し、ゾロの過去や決意と見どころたっぷりです。いよいよ佳境に入ってきました。今回の話のメインとなるのはやはりゾロの過去でしょう。彼はなぜここまで強い剣豪になりたいのか、その大きな理由がわかります。
 そういえばアニメではゾロの過去はけっこうあとの方の19話になっています。話の構成上入れるの難しかったのかな?

 


★登場キャラ
・ルフィ
 ヘルメッポを盾にするといったノリは前回と大差ありませんが、たった一言で自らの夢に対する決意がうかがえるカッコよさが出ています。またゴムの体の特性がよくわかる描写もありますね。何気に彼は自分の体の強度や特性を理解してますね。それも能力者としては当然なのかな?

・ゾロ
 今回は過去編もあったので少年時代の彼も見れます。少年時代から「世界一の大剣豪」は目指していたようですが、その夢を本気で目指すきっかけを作ったのは、後述するくいなです。少年の頃から大人にも勝てる程強かった彼が唯一勝てなかった相手と交わした約束、これを実現できるのが自分一人になってしまったとき、どれほど悲しく、悔しかったでしょう。だからこそその夢を実現するためなら、「海賊」にもなれるのです。
 ちなみに彼が3刀流であることが判明するのは、この話です。

・くいな
 ゾロの過去編に出てきた女の子。ゾロよりは少し年上なようで、道場の先生の娘です。道場で一番強かったゾロをあっさり倒すほどの実力者であり、描写から見ると努力家でもあるようです。そんな彼女も「世界一強くなる」ことを目指したかったようですが、自分が「女」であるために半ばあきらめていたようです。しかしゾロとの本気の勝負後の約束で彼女もその夢を目指します。その後事故により命を落としますが、それがゾロにとって夢を諦めない大きなきっかけになりました。ゾロにとって彼女は心の同志でありライバルといえる存在でしょう。

・道場の先生
 ゾロの通う道場の先生で、くいなの父親です。どことなく穏やかな雰囲気の人であり、ゾロにくいなの刀を上げた人物でもあります。漫画ではそこまで目立ってませんが、アニメだとなかなか胸を打たれる佇まいを見せてくれます。ちなみに名前は「コウシロウ」
 
・コビー
 前回のラストに銃で撃たれましたが生きてました。今回はルフィのことをゾロに教えるメッセンジャーみたいな役割です。彼も恩人のために勇気を振り絞って行動してます。アルビダから逃げて以来、話重ねるごとに頑張っている気がするな彼は。

・モーガン
 あんまり出番はありません。そんな中でも「権力」を重視しているのがわかるシーンがあります。

・ヘルメッポ
 前半しか出てませんが、出番自体は父親よりも多かったのではないでしょうか。扱いについては前回に引き続きな状態ですが・・・。

★個人的な名セリフ
・コビー「真剣に生き抜こうとしてたあなたを踏みにじったから!!」
 彼がルフィのために行動し、自らの気持ちで発言する。ゾロに説明するシーンもコビーの成長を頭に入れて読むと、なおさらグッときます。

・ゾロ「畜生ォ・・・!!!くやしい・・・!!!!」
 真剣を使った本気の勝負でも敗北し、心の底からでた一言だと思います。この頃はくいなはまさしく越えられない壁だったのでしょうか・・・。
 ここ読んで思いましたけど、最近本気で悔しがったことないなあ・・・。ただそれだけなんですが。

・ゾロ「おれに勝っといてそんな泣き事言うなよ!!!~中略~どっちがなれるか競争するんだ!!!」
 全部書くと長くなるので単行本で読んでください。ゾロにとっては自分よりも強く目標でもあるくいなが弱気だったことが許せなかったのかもしれません。自分が強くなるだけでなく、くいなにももっと強くなってほしい。そして共に同じ夢を追いかけたかったのかもしれませんね。

・くいな「弱いクセにさ 約束だ」
 字面だけだとあれですが、先ほどのゾロの言葉からの涙流しながら笑顔でいうのは本当にいいです。そしてかわいいです。やはりこの時自分も本気で夢を目指したんじゃないでしょうか。

・ゾロ「おれ あいつのぶんも強くなるから!!!」
 自分の目標であった彼女の死に直面して、彼も相当辛かったでしょう。それでも彼が自分の信念を折れずに決心できるのは、昨晩約束したからです。たとえ目指す場所は遠くとも絶対に自分か彼女が「世界一の剣豪」になることを・・・。

・ルフィ「おれは海賊王になる男だ!!!」
 言い回しに違いはありますが、今回は決意でなくゾロの質問に答える形になりました。彼の場合「なってみせる」とかではなく「なる」なのです。ゾロはコビーの話とルフィのこの発言から、ルフィがただの「悪党」を名乗るような人物出ないことがわかったはずです。たった一言ですがルフィのカッコよさが見れる良いシーンですよ。

 いよいよ最終局面。モーガンとの対決やゾロの3刀流のお披露目など戦闘の見どころどっさりです。