ワンピース航海記録 | 新刊/考察/感想/漫画/アニメ/映画

ONE PIECEの最新情報を熱く追いかけ、ワンピースの全てを濃く書いていきます。

第869話「籠城」 ジェ~~ル~~マ~~!!

 869話の感想です。表紙連載は「騒音 破壊でおなじみのバルトクラブでございます」。バルトロメオはルフィ達に協力したおかげで良い印象もありますが、経歴は結構えぐいですよね。

 背表紙は「覚悟の決闘」。ルフィとウソップの対決です。というか一気に飛んだな。

 自身が巨大な城になって連合軍を向かい入れようとするベッジ。ルフィ達がベッジの中へ向かう中、後ろからマムの子ども達が迫ってきて・・・。

ストーリー

 今回は遂にヴィンスモーク家が活躍します。ところどころでキャラの気になる表情にも注目です。

とにかく逃げ込め!

 巨大な城の大頭目(ビッグ・ファーザー)になり、連合軍を招くベッジ。その様子を見てベッジの裏切りを確信したビッグ・マム海賊団は、標的を連合軍へ。

 ヴィトが先導してルフィ達を城へ向かわせます。しかしルフィはそれよりも変身したベッジが気になる様子。巨大ロボとかで喜ぶ彼が、ベッジの変身を見て興奮しないわけがない(笑)。

 ルフィ達に続いて逃げようとするシーザーですが、後ろからモチモチの腕が!背負っていたブリュレをカタクリに奪い返されます。そしてジェリービーンズで、ファイアタンク海賊団を攻撃。ジェリービーンズが強すぎ!

 さらにナミ、キャロット、チョッパーがスムージー、ダイフク、オーブンに捕まるピンチに!

ジェルマ66の力

 捕まったナミ達を見て、サンジはジェスチャーでジャッジに手を貸すことを合図。サンジの態度とジャッジのむかついたような表情が、未だに大きな確執を表してますね。

 そしてイチジ達も互いに顔を合わせ頷くと、ナミ達から受け取った筒状のものを腰にあてます。するとベルトのようになり、仮面ライダーのごとく急回転!

 謎の曲(笑)に伴い、ヴィンスモーク家の5人にレイドスーツが装着されていきます。マムの部下が火を吹いて攻撃しますが、そこにはポーズを決めたジェルマ66の5人が!!もろスーパー戦隊ヒーローの演出です(笑)。

「そうだ ジェルマの科学!!形状記憶鎧(アーマー)とはアレの事か!!」

 もう一度飴で固めようとするペロスペローですが、高速で目の前に現れたイチジが強力なパンチ!

 さらにニジはオーブンに電撃攻撃、レイジュはスムージーに毒の蹴り、ヨンジは片手でダイフクのランプ魔人を押さえつけ、ナミ達を助けます。なかなか強い!

 サンジがナミをお姫様抱っこでキャッチ。サンジとナミの嬉しそうな表情を見るのは、プリン・・・。

籠城できる?

 序盤でカタクリのモチを耳につけたゲストの一人、闇金王のル・フェルドは、玉手箱をこっそり運び、中身をすり替えようとします。しかしマムの悲鳴でホールケーキ城から落としてしまいます。お前なにやっとんだ!

 城の大砲でビッグ・マムを狙うベッジですが、ペロスペローのキャンディウォールで防がれます。別方向から大砲で狙おうとしますが、他の大砲はカタクリのモチを詰められ使用不可能に!さらにペロスペローの飴でビッグ・ファーザーの手足も止められることに!ちょっと長男と次男が仕事しすぎじゃないですかね・・・。

「希望の見つからねェ籠城戦を強いられる事になる!!」

 外で待ち構えるビッグ・マム海賊団。

 そしてビッグ・ファーザーの中では、ベッジが連合軍とヴィンスモーク家に対して、その絶望的な状況を説明します。どうやら城が破壊されれば、ベッジ自身も死んでしまうようです。

 するといきなり血を吐くベッジ。ルフィとシフォンが心配する中、なんと外でビッグ・マムが正気に戻り、攻撃してきました。

「お前おれを・・・!!裏切ったって・・・?ベッジィ~!!」

 遂に生まれながらの破壊者が動く・・・!!

登場キャラ

・ベッジ

 巨大な城のビッグ・ファーザーとなり、連合軍とヴィンスモーク家を招き入れます。強固で大量の大砲もつきますが、自分自身が城になるため城のダメージ=自分へのダメージになります。マム相手じゃ的がデカくなるだけじゃないか・・・。

 ラストにはマムの攻撃で2回も強力な攻撃を喰らうはめに。あまり好きなキャラではないですが、さすがに奥さんと子ども残して死ぬとかはあれなので、彼には頑張ってほしいところです。

 ところで暗殺が初めて失敗したことを明かします。個人的にはルフィ達なしだとここまでいかなかったであろうと思っているので、そんなに成功率高かったのかと思いました。それにしても四皇のレベルは凄いなぁ。マジでこれどうするのよ・・・。

 

・連合軍

 目立ったところはなかったですが、それぞれの反応が面白かったですね。ルフィのビッグ・ファーザーに対するキラキラした眼差しやイチジに話しかけていたヴィトなど印象的でしたね。

 しかし一番注目したのは、サンジとナミ。レイジュの蹴りで助けられたナミをサンジがお姫様抱っこでキャッチしてました。その時の表情がもう二人とも嬉しそうなんだが!一部のファンがハッスルしそうな光景でした。

 ところでその様子をプリンがガッツリ見てましたね。表情が全部描かれてなかったので、どういう感情なのかはわかりづらかったですね。個人的にはショック受けているように見えますが・・・。昼顔張りのドロドロした展開が・・・いやあそこまではないな!

 

・ヴィンスモーク家

 レイドスーツを着て、ビッグ・マム海賊団の主戦力に攻撃します。全員なかなかの実力で不意打ちとはいえ、ペロスペロー、ダイフク、オーブンという上の兄弟や、将星のスムージーにダメージを与えるとは大したものです。

 レイドスーツを着るだけで、ここまで違うのかとも思いましたね。こんな強力な鎧を片手で持てるぐらいまで圧縮できる科学力は、マムも欲しくなるわ。ちなみに姉弟達はレイドスーツにそれぞれ自分の番号、ジャッジはJの文字がありました。

 ニジ(デンゲキブルー)、レイジュ(ポイズンピンク)は戦闘スタイルがわかりやすいですが、イチジ(スパーキングレッド)とヨンジ(ウィンチグリーン)は今までよくわかりませんでした。今回見る限り、イチジは電光石火のスピード、ヨンジは強力なパワーといったところでしょうか。今回はなかったけどジャッジの戦闘にも期待です。

 

・ビッグ・マム海賊団

 城に逃げ込む連合軍を追いかけます。特にカタクリは厄介なことにジェリービーンズでガンガン攻めてきましたね。しかもブリュレまで奪い返すとは。

 一方でメインメンバーはナミ達を捕まえるも、ヴィンスモーク家に邪魔され取り逃します。やられたのが上のメンバーだからジェルマの科学力の凄さがわかりますね。

 それにしても全体的に見て、ペロスペローとカタクリが仕事しすぎです。汎用性の高い能力なのはわかりますが、もうちょっと他のキャラの活躍もみたいな・・・。スムージーとか将星なのに、下手したらダイフクやオーブンよりも目立ってないぞ・・・。

 

・ビッグ・マム

 最後に正気に戻り、ビッグ・ファーザーに攻撃します。もう怒り狂っているようにしか見えませんね。この短時間にジンベエに裏切られ、ケーキを台無しにされ、カルメルの写真を割られ、命まで狙われると思えば、むしろ当然か・・・。

 

・ル・フェルド

 ゲストの一人でしたが、ゲスいことに玉手箱の中身を横取りしようとします。闇の世界で名をはせているだけはある性格の悪さです。

 私はゲストの奴らはひどい目にあえばいいと思っているので、彼がボロボロになることを期待してます。期待してます!(大事なことなので2回)

感想(個人的名シーン&名セリフ)

 今回は乱戦がかなり面白かったです。ドタバタな中でもジェルマ66とビッグ・マム海賊団の勝負、ペロスペローとカタクリの的確な攻め、乱戦だからこそ出てくる関係ないことするやつと盛りだくさんでした。

 それでもやはり目立つのはジェルマ66のところ。これまでほとんど活躍がありませんでしたが、レイドスーツを装着するところから戦闘シーンまでセリフはないものの、見開きページや戦隊ものの演出でカッコよさと面白さを両方見せてくれました。これはかなり満足です!

 そしてラストでは連合軍が追い詰められました。サンジやジャッジの意味深なカットが気になりました。

 これ本当にどうやって逃げるのでしょうね?真っ向からやりあうにしてももうちょっと戦力が欲しいところです。予想ですが、ジェルマの戦力、プリンの反応、そして落ちた玉手箱辺りがキーになると思われます。

 

カタクリがジェリービーンズを乱射する場面

 この場面は単純に驚きました。やられたのこそファイアタンク海賊団のモブですが、たかがお菓子でここまで無双するのはやはり強いと思います。

 

ジェルマ66登場の場面

 見開き2ページで登場したヴィンスモーク家。敵の炎を喰らっても無傷のそのシーンは「やったか?」から出てくる戦隊ヒーローのようでした。

 さらに返信の場面ではサンダバダバと謎の音楽(?)から「ジェ~♪ル~♪マ~♪」という歌までありました。これはアニメでそげキングの時並みの演出を期待できますね(笑)。

 カッコよさと面白さをがっつり詰め込んだ場面でした。

第870話「訣別」 親に胸をはれる生き方を - ワンピース航海記録 | 新刊/考察/感想/漫画/アニメ/映画