ワンピース航海記録 | 漫画と映画の感想と考察

ワンピースの過去話から最新話の漫画を中心に、映画から小説など隅々まで感想と考察を熱く濃く深く書いています。

第890話「船の上のビッグ・マム」 新年の麦わらコンビネーション

スポンサーリンク


 新年あけましておめでとうございます!さっそく、890話の感想です。

 新年一発目は、カラー扉絵。十二支にちなんだキャラがダッシュしています。

 子と亥が判りづらい・・・。

 遂にサニー号にまで乗り込んできたビッグ・マム。ジンベエは船の乗り捨てまで覚悟しますが・・・。

 マムはケーキを欲している

 痩せて姿を変えたマムに驚くビッグ・マム海賊団とナミ達。

 お腹が減りすぎたマムが早速とった行動は、サニー号の壁を素手で思いっきり引っぺがし、ウエディングケーキの捜索を開始します。

 しかし開けても中は、アクアリウムの水槽部屋だけ。そもそもウエディングケーキは、サニー号にはありません。

 

 ジンベエはその事実をマムに言いますが・・・

「おれの息子があると言ったんだよ!!!もしなかったら おれは長男の命をこの手で奪わなきゃならねェ!!!」

 ブチ切れ必至で、剣を構えます!

 ペロスペローに死刑宣告したのあんたじゃないか・・・。子どもを愛しているのかどうかが、よくわかりません。

 

 マムがナポレオンに指示を出すと、剣に炎が纏われます。剣の名は「皇帝剣(コニャック)」!焼き切る気満々です!

 対するジンベエは、腕に武装色の覇気を纏わせ、防御の構え「梅花皮(かいらぎ)」で・・・

 

「“破々刃”ァ~~~~!!!」

 マムの燃える巨剣による攻撃と、ジンベエの守りがぶつかり合います!

 受けきったと思われますが、なんと剣を振り切ってジンベエを海へ吹っ飛ばしました!魚人の中でも強いジンベエの力をあっさり上回ります!

サニー号での攻防

 ケーキを探すマムが次に狙った部屋は、キャロットが休んでいる部屋。

 やめろと言うナミの言葉を無視し、ケーキ探しを続行します。さらに燃えるマムの頭の炎が帆に移るなど、大混乱です。

 

 ここから一味とマムによるバトルスタート!

 まずはナミがマムの手によって潰されそうになりますが、チョッパーの毛皮強化(ガードポイント)で防ぎます。

 そして船に火が移り燃える中、ここでジンベエが海流一本背負いで大量の海水をマムごとサニー号にかぶらせました。これによりプロメテウスは一時的に弱まります!

 

 さらにここでジンベエが追撃!

 魚人空手奥義の「武頼貫(ぶらいかん)」で一気にマムをサニー号から突き飛ばします!なんと強力!!

骨と天候女のコンビネーション!

 なんとか追い出すも、マムはゼウスに乗って飛び上がります。お次は皇帝剣を伸ばし、サニー号を輪切りにしてケーキを探そうとします。

 しかしゼウスが出たことは、ナミにとっては好都合。ウェザーエッグで餌付けしようとしますが・・・

「同じ手をくらうかァ~!!」

 さすがに何度も喰らいませんでした。ナミに雷攻撃が当たり・・・

 

 ませんでした!身代わりはブルック!

 しかも驚くことに「身がない」という理由で、雷が効きません!これは強い!

 

 お次の対面はブルックとマム。前の勝負ではマムにかすり傷もつけられませんでした。ではせめてマムにできることとしたら・・・

「パンツ見せて貰ってもよろしいでしょうか!?」

 マムも「はあ!?」となるようなセリフをぶちかましました!

 

 マムでもいいのかブルックと思いましたが、なんとその一瞬のすきにマムの背後に!もう斬っちゃいましたということで、決めたのはもちろん!

「“鼻歌三丁”・・・“魂(チャマスィー)の”!!!」

「“矢筈斬り”!!!」

 出ました、ブルックの代名詞とも言える技!ゼウスを真っ二つに斬ります!

 なんと最初から狙いはマムではなくゼウス。ここでナミの雷雲を利用し、ゼウスを強制的に放電させます。

 

 マムが痺れて倒れたすきに、サニー号で距離を取ります。さらにブルックはちゃっかりゼウスを回収していました。

 

 小さくなったゼウスにナミは思いっきり脅します。

 ・・・恐えよ。

 とはいえ、マムもまだまだやられません。今度はプロメテウスに乗って、追撃開始です!

ジンベエとブルックが頼もしすぎて!

 2018年一発目のワンピースは、前回の絶望をものともしないほどの一味の頑張りが見事でした。

 中でも見事なのは、ジンベエとブルック。

 ジンベエはマムの攻撃を防ぐどころか、プロメテウスの炎を弱めたり、奥義みせたりと大活躍です。さすがは元七武海!

 

 ブルックの方は、お得意の速斬りだけでなく、雷をも防ぎました。身がないという理由で雷を防げるのかよとも思いましたが、スリラーバーク編ではナミ、ウソップ、ロビンとのコンビネーション技で電気を帯びても平気な様子があったから、今さらでしたね。

 本当にホールケーキアイランド編では、彼らの活躍がすごいなー。ナミやチョッパーも頑張っているんだけど、比べちゃうとね。

 

 ちょっとビッグ・マムが弱いのでは?と最初は思いましたが、ジンベエたちのコンビネーションは見事だったし、なによりマムは今、腹を相当空かせていますからね。

 身軽になっても、実質的なパワーや重量は落ちていると考えられます。

 

 あとマムがまだ自我を保っていられたのにも驚きでした。食いわずらいの詳細がわからないな。もしかして空腹だと、頭が冴える人なのかもしれません。

 だからといって、ペロスペローの件についてはどうみたらいいかはわかりませんが・・・。

 

 さて2018年になりましたが、じつは個人的名シーンのランキングを書いています。本当は年末か今年一発目に出そうと思ったけど、間に合いませんでした。

 あと今年、ジャンプの発売早いのよ・・・。

 なんとか完成させ、近日中には出します。

 2018年もしっかり書いていこうと心に誓いつつ、また次回!

第891話「信じられてる」 仲間の絆は伊達じゃない - ワンピース航海記録 | 新刊/考察/感想/漫画/アニメ/映画