ワンピース航海記録 | 漫画と映画の感想と考察

ワンピースの過去話から最新話の漫画を中心に、映画から小説など隅々まで感想と考察を熱く濃く深く書いています。

第15話「“GONG”」 爺さん無茶するな・・・再び

 第15話感想です。

 いよいよバギー海賊団との対決です。海賊団同士の対決でもあるので、バギー海賊団のナンバー2であるカバジの登場やルフィのオモシロ技炸裂など戦闘シーンは多くないものの見どころは多いのではないでしょうか。

 また前回同様に町長ブードルの熱い漢気が見れます。この人の凄さは本当に読まないとわからないと思います。

登場キャラ

・ルフィ

 彼の強さは、アルビダやモーガン戦ではあっさりしていたのでわかりづらかったですが、この回だけでその実力とゴムの力を結構見せてくれました。さらに真っ正面から相手に喧嘩を売っていくところといったルフィらしさも見れます。

 そして前回町長を死なせないとは言ってましたが、やり方が雑です。そりゃゾロの言うとおりこれくらいしないと諦めないでしょうが・・・。

 

・ゾロ

 あんまり出てるコマは多くないですが、やる気はかなり感じます。また町長の身を案じるようなセリフもあります。ちょっと無茶な感じですが。彼の見せ場は次回からですかね。

 

・ナミ

 自分は戦わない姿勢を一貫しています。自分の実力をよくわかっているからこそですが、当時はまだ私も幼かったのでこれで今後大丈夫かとも思いました。

 それにしても今回はツッコミが冴えてます。ウソップが出るまでは彼女の担当ですね。

 

・ブードル

 いまだにこの人が真っ正面から勝負を挑んだのは驚きます。もちろん町のためにバギーに一矢報いたいのはわかるのですが、相手は自分よりもはるかに強く、手段を選ばない海賊です。そういう意味では本当に彼の行動は無謀だったと言えるでしょう。

 しかしそれでもその執念は読者にしっかり見せてくれたと思います。

 

・バギー

 この男登場するたびに海賊らしさや残虐性を見せてくれます。睨みの表情や高笑いするシーンは、特に敵役らしく今回のボスであることを強調します。

 一方で驚いた時の表情は「ずどーん」という効果音によく似合います。本当に読者を飽きさせない良いキャラですよ、彼は。

 

・カバジ

 「曲芸のカバジ」と呼ばれるバギー海賊団の参謀長でありナンバー2です。

 剣を持っている時点でゾロと対決することが明白です。あんまり剣士って感じはしないのですが。

 そういえば尾田先生の出すキャラでは「参謀長」がナンバー2なんですよね。カバジしかりサボしかり。こういうの詳しくないのですが、実際も副船長より上の立場なんでしょうか?

個人的名セリフ

・バギー「おれは後に“偉大なる航路”を制し!!~中略~この世におれ以外“宝”を持つ者など必要ない!!!」

 彼もナミと同じくらいお宝好きですよね。やっぱり海賊になった理由はこういうのなんでしょうか?このセリフも悪役らしいのですが、同時に彼の野望の大きさも物語ります。

 

・ブードル「この町は潰させん!!!わしと戦えェ!!!!」

 表情と合わせてものすごい勢いを感じます。戦っても勝てるとは思っていないだろうし、ましてやこの時点で首を絞められピンチなんです。それでも彼の一矢でも報いたいという気持ちは相当強いのです。町を守りたいのです。これほど強い思いを持てるのは、素直に凄いと思います。

 

・ルフィ「邪魔!!!」

 いやそうなんですけど・・・。ナミのツッコミがまさしくその通りすぎます。

 

 最近見せ場の少なかったゾロですが、いよいよ対決です。剣士?のカバジ相手にどう立ち回るか・・・。

第16話「“VERSUS!!バギー海賊団”」 剣士VS剣士(曲芸師) - ワンピース航海記録 | 漫画と映画の感想と考察