ワンピース航海記録 | 漫画と映画の感想と考察

ワンピースの過去話から最新話の漫画を中心に、映画から小説など隅々まで感想と考察を熱く濃く深く書いています。

第894話「0時5分」 決着の時は近い

 894話の感想です。

 表紙連載は、「世界会議の護衛に任命されたのれす!!」 さっそく船を使う機会が出てきましたね。しかし海賊になったんだから、世界会議はマズいのでは・・・。国王の以来だから、いいのでしょうかね?

 お互いを認め合うルフィとカタクリ。ついに二人の激突が始まる・・・!

 見聞色の覇気とは

 場面はルフィとレイリーの特訓。内容は目隠しした状態でレイリーの攻撃をかわすもの。すでにルフィの頭にはたんこぶがあり、けっこうな回数殴られたことがわかります。

 覇気について解説するレイリーですが、ルフィはレイリーの晩メシの匂いの方が気になるようで・・・

「そっちかー!!」

 レイリーに当てようと、とにかく攻撃しますが、そのうちの一発がレイリーの晩メシにヒット!怒ったレイリーはやみくもに手を出すなと一喝しながら、ルフィの頭をこん棒で叩きます。

 この場面、よく見たらこん棒の色が黒光りしてます。武装硬化までさせるか・・・。

 

 そのまま攻撃を喰らったルフィは、「怒り」を感じると言います。レイリーはそれも覇気だと言いはりますが・・・。

 

 その後はレイリーにたっぷり扱かれて、その日の訓練は終了。かわせなかった罰としてその日は飯抜きとなり、目隠し状態でぶっ倒れています。

 するとそこに動物たちが食料を持って現れます。どうやらルフィへ持ってきたようですが、彼はレイリーの言いつけを守り、これを拒否。

 動物たちは鳴き声を上げているので、近づいてきたのはわかるでしょうが、食料まで持ってきたのがわかるということは・・・。

 

 後日、雪が降る中、レイリーは食事中のルフィに見聞色の覇気について話します。どうやらルフィは「見聞色」でも、「生き物の感情を感じ取る力」に長けているとのこと。アイサやオトヒメ、コビーとかがその類ですかね。

 しかし間違いなく相手の攻撃も察知できると考え、さらに「少し未来が視える」強者についても触れます。

 

 そのレベルの相手は手強いとレイリーは言いますが、ルフィとしては相手の性格にもよるとのこと。

「敵の性格!?気になるか?考えたこともなかった」

「ん?なるだろ」

 相手の性格を意識するルフィと気にも留めないレイリー。二人の意識する方向に違いが見えますね。

 レイリーだと気にしそうですが・・・海賊時代は純粋に倒すって感じだったのかな?

男二人の真剣勝負

 回想が終了すると、ルフィは目を閉じた状態で、カタクリの複数ある拳打を見事回避!間違いなく攻撃が読めてきています。

 さらにカタクリは足を伸ばして蹴りをいれますが、ルフィはそれを回避。しかし未来を視ていたカタクリは、その回避先にモチのパンチを打ちこみます。

 もろに喰らったルフィにさらに追撃!ルフィは武装硬化の腕で防ぐものの、これひとつとってもルフィの上を行くので、逆に腕が痺れるほどの威力でした。

 

 ここでカタクリの腕の付け根が膨れていきます。

 「焼餅」と呼ばれるこの技は、破裂させた勢いで拳を撃ちだす簡易ロケットパンチのような技です。パムパムの能力みたいな使い方ですね。

 もちろん威力は強力で、鏡世界の壁の一部を吹っ飛ばすほどです。

 

 さらにモチモチの能力で腕を戻すカタクリですが、そこに吹っ飛ばされたルフィ登場!不意を突いた形で見事、顔面を一発殴りつけます!

 油断したな、カタクリ兄さん!

時刻は進み・・・

 場面は変わって、海の上。時刻は22時10分ですが、ベッジ達はケーキを運んでマムから逃げています。

 どうもプロメテウスは巨大な状態だと動きが鈍いようで、パドルシップであるベッジ達の船の機動力なら充分に距離を取りつつ、おびき寄せることもできています。

 

 ベッジ達はリキュール島にケーキを投げ込んで、マムが食べている間に逃げようと考えているようですが、ここでシフォンがストップをかけます。というのも、リキュール島だとナミ達がマムに追いつきそうなので、それより先のふんわり島まで引き付けようと言います。

 さすがに自分達の命も考えると、これ以上はリスクもあるうえに、マムも恐ろしい姿!ディズニーに出てくる魔女が、本気出したような見た目になってきています!痩せてこの威圧感も流石というべきか・・・。

 

 22時50分、サニー号では襲い掛かってくる斬撃をナミ達の指示でジンベエが回避しています。

 相手は将星のスムージー。能力で巨大化し、巨大な剣で斬撃を飛ばしています。

 

 さらに23時8分、今度は海上でサンジとプリンが話しています。最後まで協力してくれたことに礼を言うサンジと、相変わらず近いと夫婦に思われると言うプリン(ツンデレ)です。

「船長は必ずおれが救い出す・・・!!!」

 

 23時36分、カカオ島ではシャーロット家の多くの船員がオーブンによって招集されていました。

 かなり警戒しているようですね。鏡もすべて海に捨てたようですし、ここはどうやってくぐり抜けるか・・・。

これが最後だ!

 そして時刻は0時5分。カカオ島で落ち合う約束の時間まで、1時間は切ったであろう状況で、鏡世界ではルフィとカタクリの激戦が繰り広げられています。

 しかしお互い疲労困憊で息を切らしています。とはいえ、見る限りはルフィの方が手負い状態でぶっ倒れ、カタクリは何度も立ち上がるルフィに対して攻撃と覇気による集中力疲れのように見えます。

 

「どうした麦わらァ!!!これでもう」

「ああ・・・そうだ・・・」

「終わりかァ!?」

 ここで何やら不思議なやりとりが始まります。どうも二人とも会話の内容がかみ合っていないように見えますが・・・

 ふらつくルフィですがそのまま立ち上がると、カタクリと向き合います。

「・・・これで もしお前が・・・」

「———もう答えた」

「“スネイクマン”!!!」

いよいよ決着は近いか!?

 いよいよ終わりが見えてきたルフィとカタクリの対決。

 やはり特筆すべきは、ルフィがだんだんとカタクリの動きにも対応できるようになってきたことですね。特に今回はカタクリにも攻撃を入れていましたし、序盤ではモチの拳打を見事かわしていました。

 

 さらにラストには新たなギア4体「スネイクマン」を発動させようとします。バウンドマンやタンクマンとは違うようですが、どのような性質なのでしょうか。

 名前だけ見れば、蛇のように柔軟な体が想像できますが・・・NARUTOの大蛇丸みたいな奴じゃないだろうな!?

 

 そしてルフィに攻撃を喰らいつつも、全くぶれない実力を見せつけるカタクリ。他の場面に切り替わるたびにルフィを攻撃している場面が差し込まれましたし、武装色の覇気でもルフィを超えています。将星の名は伊達ではありません。

 しかし彼の見聞色の覇気の性質上、集中力は常人以上でしょうし、数少ない休憩時間であるおやつの時間からすでに7時間以上経過しています。しかもルフィのせいでドーナツを全部食べられなかっただろうし・・・。

 そう考えると、彼もかなり限界が来ていると言っていいでしょう。

 

 カギは最後のやりとりを見る限り、どちらが「先の未来を視ているか」だと思います。どうも冒頭のレイリーの説明からルフィは見聞色の覇気でも感情を読み取る力に長けているようです。

 これがどこまで弱ってきたと思われるカタクリの覇気による未来視に追いつけるかが重要だと思います。

 もちろん「スネイクマン」も気になるのですが、カタクリだとそれすらモチの柔軟性と覇気でどうにかしてきそうな気がするんですよね・・・。

 

 ちょっと個人的な予想ですが、ギア4の能力って覇気との組み合わせで強力な力を発揮するものなんですよね。そうなるとタンクマンはあくまでバウンドマンの派生であり、スネイクマンは「見聞色の覇気」とも上手く組み合わせたものじゃないかと考えられます。

 じゃあ、具体的にはどういうものなのだと考えると、なかなか思いつきませんが、そこで使われるのが相手の感情や意志を読む力だと思います。

 

 今回、覇気についても考えることが多かったので、よろしければこの記事を参考にしていただきたいです。

みんな知ってる?「覇気」について - ワンピース航海記録 | 新刊/考察/感想/漫画/アニメ/映画

 

 そして今回は他にも、注目ポイントが多かったです。

 まずはようやく動いた将星スムージー。体や剣を巨大化させて、攻撃しています。彼女は自分や相手の水分を絞り出していたことも考えると、スポンジのように自分に水分を与えて巨大化したような感じでしょうか?

 

 次にサンジの作戦。プリンと共にどこかへ向かっているようですね。セリフの言い回しからして、彼自身がルフィの元へ向かうと考えると、カカオ島でしょう。

 気になるのは「艦隊と軍隊のど真ん中にルフィが現れる」というセリフ。

 もしかして既にジェルマと連絡を取って、ジェルマ組がカカオ島に集まるシャーロット家と戦っている状態の隙を見て、助け出す作戦でしょうか?たしかジェルマもカカオ島に向かっているはずですし。

 こうなるとサンジの戦闘もまだ見れるかもしれない!

 

 そして大量に出てきたシャーロット家の子ども達。集められたメンバーですが・・・

・25男のスナック

・32男のブラウニー

・33男のレザン

・35男のユーエン

・27女のジョコンド

・36男~40男、30女~34女の10つ子

 さらにエトセトラとかなりの人数が登場してます。

 やはり気になるのは、25男のスナック。

 懸賞金6億でルフィ以上でありながら、元4将星である人物です。かなりごっつい体型してますね。

 セリフからしてもウルージに負けたことを思い出しているように見えます。しかし将星が軒並み年上(スムージーはわからないけど)だと考えると、25男で将星ってすごいと思いますけどね。

 あとアニメに出ていたミュークルがレザンの近くにいますね。うん、遠目でも可愛い!

 

 そして個人的に気になったのは、レイリーの言葉。言い方を見る限り、彼ですら目を置くほどカタクリの実力は凄かったということですね。これは七武海を超えていますわ・・・。

 というか、すでに未来を視ているということは、カタクリ兄さんはすでにスネイクマンを見ているんですよね。

 読者目線からしたら、羨ましいことこの上ないな!カタクリ兄さんからしたら、それどころじゃないんだろうけど。

 

 それと今回、発売が土曜日であったことすっかり忘れていて更新が遅くなりました。日曜なのでアニメ見ましたが・・・カタクリ兄さんの声、カッコいいんだけど、どこか銀さんっぽいんですよね。

 概ね満足しているので、あとは要所要所で、杉田さんの演技に期待です。

 設定が埋まっていく楽しみと、スネイクマンに期待しながらまた次回!

第895話「海賊ルフィVS将星カタクリ」 これぞ新たなギア! - ワンピース航海記録 | 漫画/アニメ/映画の感想と考察