ワンピース航海記録 | 漫画と映画の感想と考察

ワンピースの過去話から最新話の漫画を中心に、映画から小説など隅々まで感想と考察を熱く濃く深く書いています。

第895話「海賊ルフィVS将星カタクリ」 これぞ新たなギア!

 895話の感想です。

 表紙連載は、今回からハイルディン編。「バギーズデリバリー稼ぎ頭5人の辞表」ということで、ハイルディンの船がバギーの拠点から出航しています。

 これはハイルディンの仲間たちにも期待したいところです。

 

 前回、お互い勝負の行く末を見たのか、いよいよ決着をつけようとするルフィとカタクリ。そしてルフィは「ギア4 スネイクマン」を発動・・・!

 新たな姿、スネイクマン!

 いきなり見せたのは、引き締まった細身の体となったルフィの新たな形態。「ギア4 スネイクマン」ですね。

 見た目はバウンドマンを細くしたような感じでしょうか。

 

 さてスネイクマンの状態で、先手を取ったのはルフィ。さっきより速いとのことで、パンチを放ちますが、カタクリはあっさり避けました・・・

 と思った瞬間、なんと真横からかわしたはずのルフィの拳が!不意を突かれて顔を殴られるカタクリに対し、追撃でもう一発!

 今度はさっきとは逆方向からのパンチですが、カタクリはこれを武装硬化した腕でガードします。

 

「何だ!?今のは 確かに避けたぞ!?」

 ここで明らかにおかしいと思うカタクリ。視界にとらえているはずのルフィの攻撃をかわしたはずなのに、まったくの別方向から攻撃が来ることに疑問を感じます。

 

 そして次に攻撃を避けた瞬間、技の特徴に気づきました。どうやらこの技、伸ばした腕が空中で何度も軌道変更し、相手を狙うパンチのようです。

 それを知って回避するカタクリですが、ルフィがそれを許すはずもありません。

 

「無駄だぞ!!伸びても!!加速する!!!」

 そう言うルフィの拳は、カタクリにかわされても遅くなることを知らず、どんどんスピードを上げていきます。

 そして遂に「ゴムゴムのJET大蛇砲(カルヴァリン)」を打ちこみ、見事カタクリを吹っ飛ばします!

 

加速するゴムと回転するモチ

 とはいえ、カタクリも負けていません。体をドーナツ状にして回転しながら、ルフィに近づきます。

 回転で勢いをつけたところから、武装硬化による棘つきモチのラリアット「斬切餅」がルフィにヒット!

 さらにモチ特有の粘着性でそのまま腕でルフィを捕縛。ぶんぶんと腕を空中で回し、ルフィに目を回させつつ、自身の腕を上空へ伸ばしていきます。

 そのまま力任せに地面にルフィごと腕を叩きつける大技です!これは強力!

 

 地面にできた巨大な穴の中で痛みと空腹に叫ぶルフィ。しかしここで負けるわけにはいきません。

 大きく飛び上がると、再びカタクリと殴り合いです!お互い一歩も退かず、拳の打ち合いですが、途中お互いに相手の一撃で吹っ飛びます。

 

 吹っ飛んだ先にルフィが仕掛けますが、風を切る音で気づいたカタクリがガード!ルフィはスネイクマン版のガトリングのような技「ゴムゴムの黒い蛇群(ブラック・マンパ)」でカタクリを狙いますが、相手も武装硬化した腕で防ぎつつ、見聞色で器用に避けていきます。

 そしてルフィの顔面に棘つきの蹴り(前が見えねェ)が入ると、またまた飛ばされる形に。

 

 お互い息も絶え絶えでカタクリは再びドーナツ状になって回転接近!ルフィも素早く体勢を立て直します!

「楽にしてやる!!!最後だ“麦わら”ァ!!!」

「いらねェよ!!!“ゴムゴムの”ォ!!!」

 雄たけびを上げながらぶつかるルフィとカタクリ!次回、いよいよ決着か!

トップクラスの肉薄戦

 とにかく見ごたえがあったバトルがメインの今週話。

 

 やはり注目はルフィの新形態「スネイクマン」。一撃の重さはバウンドマンに劣るものの、そのスピードと追尾する拳による圧倒的な手数は、未来を視るカタクリでも完全に回避しきれていません。

 ゴムの腕も「パンチを打つ」というより、「パンチを撃つ」ような感じに見えますね。

 特に「ゴムゴムの黒い蛇群(ブラック・マンパ)」、通常のガトリングとは異なり、あらゆる方向から拳が放たれるので、見切るのは難しそうです。

 

 しかしそれすらも負けないのが、将星カタクリ。新たな技「斬切餅」からの叩きつけは、とんでもない威力でしたし、パワーアップしたルフィに全く退かないという恐ろしい実力です。

 この手の展開って、主人公が強くなると少なくともいくらかは圧倒するパターンがセオリーな気がしますが、彼の場合むしろ打ち勝っているようにも見えてしまいます。

 ドフラミンゴなんて最初全く手が出ない状態だったのに・・・。

 まさに「カタクリ強すぎ問題」とでも言えるでしょう!

 

 しかしスネイクマンの仕組みが、いまひとつ謎でしたね。見た目だけで言えば、ギア4の細身型といった感じですが、パワーよりもスピードが上がるように筋肉への空気の量を調整しているのでしょうか?

 

 個人的にちょっと気になったのはルフィの「追え!!大蛇(パイソン)!!」というセリフ。これ自分の腕に命令しているような言い方ですよね。

 バウンドマンの時も「ゴムゴムの大蛇砲(カルヴァリン)」を使う際に言ってました。

 

 まさかとは思うのですが、ルフィが腕を蛇として認識することで、見聞色の覇気を利用した、自動追尾型の技なのでしょうか?

 たしか前回、レイリーがルフィは見聞色の覇気でも「生き物の感情を感じ取る力」に長けていると言ってましたし・・・。

 ・・・ゴムの腕に感情は無いだろうし、さすがに無理あるな。

 

 個人的に今回の話、ギア4も興奮したんですが、それ以上にルフィとカタクリのバトルに興奮しました。

 とにかく動く!とにかく打ちあう!お互い余計な小細工無しで、ド迫力なバトルでした!尾田先生の漫画ならではの燃えるバトルが楽しめましたね。

 

 そしてカタクリのドーナツ状態よ・・・。

 これは最初、笑ってしまいそうになりましたが、直後の斬切餅からの叩きつけシーンは、10億越えの風格がとんでもなかったです。

 思えば、この人のドーナツ技は笑えないレベルで強力だった・・・。

 

 猛烈に勝負の行方が気になるところでまた次回!来週は休載とか辛いけどな!

第896話「最後のお願い」 激闘の決着! - ワンピース航海記録 | 漫画と映画の感想と考察