ワンピース航海記録 | 漫画と映画の感想と考察

ワンピースの過去話から最新話の漫画を中心に、映画から小説など隅々まで感想と考察を熱く濃く深く書いています。

第899話「最後の砦」 タイトルがすぐに破壊され始めた・・・

 899話の感想です。

 表紙連載は「BD脱走者リスト 新巨兵海賊団コック ゴールドバーグ」棘つき金棒と顔がついている盾が特徴的なのほほんとした男です。今回コックとなるとラストの一人は・・・船医とか?

 ジェルマ66の登場により、なんとかカカオ島から脱出できたルフィとサンジ。サニー号へ向かって行きますが・・・

 万国の運命は・・・

 海上のビッグマムの船団にモンドールが連絡。長男から報告を聞きたいようですが、ババロアの話ではペロスペローは傷を長く放置していたため衰弱している様子。やはりキャンディーでは応急処置レベルであったか・・・。

 とはいえ万国が危機の今、ペロスペローもダウンしている場合ではありません。手当てを受けながら、モンドールに報告します。

 

 現在、ケーキはふんわり島(シフォンの管轄)。マムがケーキを食べてその味に満足した場合のみ、この事態を完全に収拾できます。

「覚悟を決めろ!!我々の運命はケーキの味に委ねられた!!!」

 

 この事実はすでに万国全てに伝わっているようで、各島では国民たちが不安になっています。

 ちなみにこの時、ステューシーとモルガンズは逃げたようです。何しでかすかわからねえな、あの二人は・・・。

 

 そんな中、シフォンは信じていました。サンジが作ったそのケーキの味を。ケーキとマムを見るシフォンをベッジは素早く回収し、キャッスルタンクで逃亡。どうやら彼らの船はお釈迦になってしまったようです。どうやって逃げる気だよ・・・。

 そして遂にマムはケーキのもとに到着!では・・・実食!

サンジの長所

 一方、サニー号に到着したルフィとサンジ。全速力で逃げますが、まだ後ろにはスムージー率いる艦隊が迫ってきています。見る限り、距離もつまっているようですね。マストも一部燃えてしまったから、機動力では劣るのでしょう。

 

 そこに突如、砲弾が艦隊にヒット!どうやらジェルマの援護砲撃のようです。城には指示を出すジャッジの姿が・・・。

 そしてジャッジは手当てを受けているルフィにサンジを助けた理由を問います。ジャッジからすれば王族のプライドもなく、戦士としても不完全な男を助けるために、四皇のナワバリまで来たことに疑問を抱いているようです。

「出来損ないがその男だ!」

 

 この問いにルフィは・・・

「じゃあな!!援護ありがとう!!」

 なぜかお礼を言いつつ、そのまま直進!ルフィからすればジャッジの言っていたことは全てサンジの「良いところ」なようです。なんというか・・・ルフィらしい!

包囲網がー!!

 さて援護を受けたものの、正面には大艦隊が!ジェルマではさすがに全ての艦隊には対応できなかったようで、手が空いたのが取り囲むようにサニー号の進路方向を塞ぎにかかります。

 さらに後ろからダイフクの魔人が登場!マスト上で見張りをするキャロットを狙いますが、攻撃をサンジが防ぎます。

 

 なかなかサンジもパワーファイトが強くなってきたな・・・。

 しかし防いだものの砲弾の雨は相変わらず。ダイフクの魔人もあるので、もはや袋のねずみです。スムージーからすればイジメのようだとのこと。

 

 驚くのは正面の艦隊、全ての船がパドルシップのようです。機動力もそこらの船を凌駕するため、進路をすぐに塞げたようです。

 いよいよ迫ってきた艦隊ですが、突如海面が盛り上がっていき・・・

「許さんのらァ~~~~!!!」

 なんとここでワダツミが登場!!海上の船を一機に薙ぎ払います!

 驚くナミ達に加え、ジンベエは素早く海へもぐります。するとそこには、かつての仲間が!

 タイヨウの海賊団だわ!しかも・・・タイヨウの海賊団だわ!

 マムに反逆する者達!

 ようやく事態の収束が見えてきた899話。ここに来てアラディンたちが姿を見せるというサプライズです。個人的には、魚人島の件もあるので最後まで姿は見せないものだと思っていました。そこらへんはどうするつもりなのかと思いましたが、レヴェリーもあるしなんとかなるかな?

 しかし今回は海戦がなかなか見ごたえがありました。それゆえに魚人の強さがよくわかりますね。ワダツミとか下から出るだけで、船を一気に薙ぎ払うレベルですし。おかげでビッグ・マム海賊団の砦は早くも崩壊しています。

 

 またジャッジがルフィに問う場面もありました。嫌みではなく、単純に疑問という感じでした。ルフィ達からすれば、

・皮膚も盾とならない⇒人間らしさと特別じゃないからこその努力

・飯炊きに従事し、王家のプライドもない⇒料理が上手で、親しみやすい

・情に流され、弱者のために命を懸けるような脆弱な精神⇒サンジらしい優しさ

 といったところでしょうか。「短所は見方次第で長所になる」ということですね。

 これをルフィもチョッパーもわかっているのがまた良い。たぶん他の仲間達もわかっていることでしょう。こういう仲間の絆は心にきます・・・!

 

 それを証明づけるかのようにマムの方もケーキに到着。もう読者からすれば結末は予想できますが、サンジの料理の腕を存分に見せつけて欲しいです!

 シフォンはサンジが誰に料理を習ったのか気になっていました。恩師は「世界で料理をしてきた」ほどであり、さらに体を作る料理を学んだサンジは、シュトロイゼンをも凌駕するようです。

 個人的には事態が収束した後、シュトロイゼンがゼフを知っているような描写があったら嬉しいです。

 

 そして次回はいよいよ900話!そのためカラーページのようです。尾田先生、こういう時になにかしらお祭り的な内容をぶち込む傾向があるので、次回が楽しみですね。ジンベエの仲間加入とケーキの実食でしょうが。

 とにかく期待を胸に膨らませつつまた次回!

第900話「BADEND MUSICAL」 900の節目にこの展開とは・・・! - ワンピース航海記録 | 漫画と映画の感想と考察