ワンピース航海記録 | 漫画と映画の感想と考察

ワンピースの過去話から最新話の漫画を中心に、映画から小説など隅々まで感想と考察を熱く濃く深く書いています。

第905話「美しい世界」 タイヨウは美しく、裏では波乱の予感が・・・!

 905話の感想です。

 表紙連載は「海賊生活、朝6:00 パジャマをたたむ」 朝起きたオオロンブスがパジャマをたたんでいます。海賊関係ない気がしますが、少なくともこの時点で根の真面目さがうかがえます。

 

 世界会議が近づいていく中、幹部も集まっていく革命軍。今回の会議で天竜人相手に「宣戦布告」を目論む彼らですが・・・

 

 ニューマリンフォード

 冒頭、見開きで威厳ある巨大な建物が描かれます。それこそ2年前に白ひげ海賊団との戦いで壊滅しかけた海軍本部に代わる新たな海軍本部。元帥サカズキが率いる“ニューマリンフォード”です。

 場所はもともと新世界側にあったG1支部と取り換えるような形になっています。もちろんマリージョアにかなり近い場所です。

 

 するとサカズキに報告が。その内容とはなんと藤虎がマリージョアに現れたとのことです。ドフラミンゴの件で、ルフィとローを倒すまでは「海軍の敷居は跨がせない」ということでしたが、藤虎の言い分は・・・

「ここには“軍の敷居”はござんせんので」

 という、どこぞの一休さんみたいなトンチで行ったようです。

 怒れるサカズキはマリージョアには誰が行っているかを聞くと、大将“緑牛”がすでにいるとのことで・・・。

 

各国の王とタイヨウ

 場面は変わって、G1支部の裏手。そこはマリージョアへ行くためのシャボン玉リフト(ボンドラ)があります。

 そしてそこには各国の王族が次々と登場。みんな個性豊かな人物たちです。見るところ既存の国をモデルにしていますね。

 

 さらにリュウグウ王国の面々も到着。世界政府に加盟してからなんと今回でようやく2度目の世界会議に参加というビッグニュースです。(←ちょっと気になるが・・・) まあモルガンズ率いる世界経済新聞の人達は、しらほしの美しさに喰いついていますが。

 

 ルフィ達とのかかわりが深いしらほし達の護衛は、なんとガープです。そしてそのガープに話しかける国王がひとり・・

「私が誰だかわかるな?」

「誰じゃクソガキ そこをどけ!!」

 まったく物怖じしない態度を取るガープに、逆にたじろぐのはゴア王国国王のステリー。そうです、かつてサボの家の養子として引き取られ、サボからすれば義理の弟にあたる人物です。

 

 どうやら彼は“天竜人”になりたいようで、そのためにガープにコネクションを持っておきたいところ。しかしガープは「あんなゴミクズ」呼びをして、さらにステリーを驚かせます。そこでその発言がタブーだと気づいたのか、あっさりと今のナシ発言。

(こいつコワッ!!!)

 これだけ自由でなくちゃ、あの一家の血族だって納得できないさ・・・。

 

 さらにすっころんだステリーを、ネプチューンが善意で起こしますが、よくよく見れば魚人や人魚の大集団。ビビッたうえに、根も葉もないうわさにおびえ、さらに転びます。コイツ忙しいな・・・。

 

 そして一行はようやくリフトへ。昇っていくと、しらほしの目に映ったのは、地上を限りなく美しく照らし続けるタイヨウ。その見事さにしらほしは感涙します。

「王国の皆様にもこの“タイヨウの世界”を・・・見せてさしあげたい!!」

 地上に住めることを夢見つつ、世界会議の地へと進んでいきます。

大将と革命軍

 一方その頃、聖地マリージョアの庭らしき場所では、二人の男が小さなテーブルを囲んでいます。

 ひとりは藤虎。椅子に座ってもぐもぐと食事を済ませていました。そしてもうひとり、シルエットの人物からベガパンクにあってきたのはどうだったかと質問を受けると、なにやらとんでもないものが完成していることを明かします。

「“王下七武海”はもう要らねェ・・・!!!」

 

 すごむ藤虎に笑うもうひとりの人物。今度は藤虎がその人物に、ここの美味い飯は食わずに相変わらず断食中かと問うと・・・

「らはは!おねーちゃんが“あーん”ってしてくれたら食っちゃうなー!!面倒でもう3年は何も食ってねェけど!!らはは!!」

 男の名は、読者が待ち望んでいたであろう人物・・・新大将の緑牛!!

 

 さて場面は変わってカマバッカ王国。そこでは革命軍幹部であるベティがコアラと話していました。コアラの話では、革命軍が打ち倒したいのは政府を支配する天竜人ですが・・・

 再び場面はレッドラインのリフト上。ステリーは「銛を持った巨人が壁の中から覗いていた」とわめいており、さらに「上空では珍しい大量のカラス」にビビります。

「ご安心ください、ステリー王」

 ラストは落ち着かせるように、一人の衛兵になりすましたサボで締め!

迫る会議に波乱の予感

 いよいよ近づいてきた世界会議ですが、今回はそれ以上に注目する点があった今週の話。

 まず多くの読者が目を引いたであろう人物、緑牛。名前だけはドレスローザ編で出ましたが、今回シルエットで登場です。全貌は不明ですが、どこか若者っぽい軽いノリに3年間食事をしてないという強烈な発言で、インパクトを残します。

 

 大将は、名前にある色のイメージに似た能力を所持していることが多く、赤犬ならマグマ、青雉は氷、黄猿は光、となっています。(藤虎は見る限り重力でイメージわきませんが・・・)

 そうなると緑牛の能力は、緑のイメージから植物であることが考えられますね。

 かつて植物を操る能力者は、映画に登場したビンズ(モサモサの実の能力者)がいますが、彼の場合は植物の生長を促し、それを自在に操るというものでした。

 緑牛の場合は「3年間食事していない」ことから、光合成していることが考えられ、彼自身が木に変化したり生やしたりする能力なのかもしれません。

 まあ決定ではないですが、この能力の可能性が一番高いでしょう。食べないで生きている生物だったら、ダイオウグソクムシがいますけど、さすがにマイナーすぎるもんな・・・。

 でも生命帰還みたいな、能力者でもない方法もあるか・・・わからなくなってきた!

 

 加えて、見た目の面ではネットで予想されているのはモデルが原田芳雄さんであること。これまでの大将のモデルを考えても納得ですし、笑い方の「ラハ」はそこから来てそうです。

 尾田先生がどんな感じに仕上げていくかが、今から楽しみですね。前のSBSでは、かなりカッコよくするつもりらしいけど、いったいどうなるでしょうか。個人的には、若い時のキリッとした雰囲気の原田さんを期待。

 

 またラストではすでに侵入済みのサボが登場。さらにステリーの発言や大量のカラスから、モーリーやカラスもいることがうかがえます。ベティは能力の性質上でしょうか、カマバッカ王国で待機。こうなると気になるのはドラゴン、リンドバーグ、イワンコフあたりでしょう。この3人は待機か、それともすでに誰かは侵入か・・・。

 

 ただ宣戦布告する以上、必ず誰かは姿を見せなければなりません。そうなると本部大将との一戦は覚悟する必要がありそうです。サボは藤虎相手にも食い下がっていましたが、今回は緑牛もいます。

 個人的にはサボと緑牛で軽い一戦を期待しています。緑牛が植物の能力だとしても、枯れ木でもなければ樹木は燃えにくいので、そうなったらサボは不利・・・?

 

 また今回、藤虎がベガパンクに会ってきたことをカミングアウト。大将や四皇ばりに気になる人物ですが、藤虎の話ではなにやらとんでもないものを完成した模様。

 彼はもう七武海を必要とさせないような発言をしました。となると考えられるのは、やはり完成版パシフィスタとかその類な気もしますが、真相は・・・。

 

心打たれたタイヨウ

 しかしこんだけ設定を出されて、今後予想したくなるような内容が多かったですが、それにも劣らず面白かった場面が多かったと思います。

 まずは、しらほしの感涙。個人的に今週の話で、一番グッときました。かつてタイヨウを望み、散った母親オトヒメと魚人島の英雄タイガーの件、憎しみだけを残して魚人島を騒がせたホーディの件もありましたが、それらを経た後のあのタイヨウの美しさは、タイトル通りの「美しい世界」を実感させてくれました。

 

 次に興味を抱いたのは、サボの義弟にあたるステリー。相変わらずの小物感ですが、何気にちゃんと国王になっているのは大したものです。ただし元国王と王子の不審死は嫌な予感がしますが・・・。

 彼の面白いのは悪い意味で特有の偏見を持っているところ。彼のおかげで、この手の反応がスムーズにいきます。あんまり好きじゃないけど、程よく憎めるいいキャラですね。

 そういえば、天竜人になりたいと言ってました。血族関係のものだからなれないと思うのですが、何か考えが・・・?

 

 他にもサカズキの報告にTボーン(2年前は大佐だったけど、今は不明)や懸賞金の写真を撮るアタッちゃんの姿も見えたり、ギャグ描写もそこそこと満足のいく話でした。

 ちなみに私お気に入りのやりとりは、序盤のサカズキとセンゴクのもの。

「大変だろう?「元帥」・・・」

「黙っときんさいや!!半隠居人がァ!!!」

 これサカズキも引退したら、白髪になるんじゃねえかな(笑)

 

 情報まとめて、好きな場面も出来て、興奮とほっこりが入り混じった気持ちでまた次回!

第906話「聖地マリージョア」 主人公の存在感よ・・・!! - ワンピース航海記録 | 漫画と映画の感想と考察