ワンピース航海記録 | 漫画と映画の感想と考察

ワンピースの過去話から最新話の漫画を中心に、映画から小説など隅々まで感想と考察を熱く濃く深く書いています。

第917話「食糧宝船」 博羅町真打ち揃い踏み

 917話の感想です。

 表紙連載は「この町には破れない布がある」です。ベラミーが何やら海賊旗のデザインのしています。誰の海賊旗はわかりませんが、彼の考えはいったい・・・。

 浦島を倒し、ホールデムを引っ張り出すことに成功したルフィ達。しかし彼の腹のライオンの口にはお玉がくわえられており・・・

 

 人馬真打ちスピード

 場面はおこぼれ町。空腹で少年が泣いています。母親はワノ国の男子たるもの弱音を口にしないとなだめますが、それで辛いものは辛いです。

 またお鶴の方には、邪含草を求める人が。空腹に耐えかねて水を飲んだ人がお玉以外にもいたようです。読者が思った以上に食糧事情は厳しいのか・・・。

 

 場面は変わり、博羅町奥にある「桃源農園」。例の水、食料が大量に生産されている場所ですね。そこでは労働者に給料が払われていましたが、値段は5銀。その値段では水も存分に買えないが・・・。

 

 大量の食料を収穫すると、桃源農園の門が開門。先頭には変わった女性が立っています。

「今日も美味しそうな食料の数々っ!!ヒヒン♡」

 脚が4本あるその女性の名は“スピード”。博羅町にいる最後の真打ちです。馬のSMILEの彼女は、視界が350°とかなりの範囲を見ることが出来ます。

 なかなかの美人ですが、視界が馬並みだと褒められると・・・

「そうかしら♡」

「笑顔も馬並み♡」

 ウマナミナノネー(マキバオーのED)

九里の元締め

 ここで突如、半鐘が鳴らされます。火事なのですが、ここで出るのは火消しの「い組」です。

 江戸時代の火消を思い浮かばせますが、到着するなり火消よりも自分たちの存在主張。あまり詳しくないんですが、火消は組ごとの対立もすごかったらしいですし、町民の反応から一種の祭りみたいな騒ぎなのでしょう。

 スピードは火を消せと怒りますが(笑)

 ここでスピード、場所がホールデムの館と気づきます。後ろではなにやら騒ぎが・・・。

 

 場面はルフィとホールデムへ。ライオンの“噛二郎”がお玉を離しません。てか、お前に名前あったのかい! 

 お玉を人質に取られている以上、なかなか手出しできませんが、ここでホールデムはルフィ達が酒天丸の盗賊団である疑いを主張し、彼らを人質に取ろうと考えます。前回も出たこの名前ですが、「頭山盗賊団」を率いる人物で、農園の食料も盗んでいるようです。ネズミ小僧みたいなやつだな。

 

 さてここで明らかに警戒を強めたのは、お菊。ルフィに彼をこれ以上怒らせないように耳打ちします。その理由は彼の後ろ盾の存在。この九里の元締めは干害のジャック!その名前はもちろんルフィ、ゾロも聞いたことがあり、ゾウで倒されたはずですが・・・。

 なんと彼、海難事故の後、つい先日にこの博羅町に現れたようです!つまりここで倒すと、ジャックが報復に来る可能性もあるため、ホールデムの怒りはこれ以上加速させるべきでないとのこと。

 

 しかしどっちにしろ動いた瞬間、お玉をガブリと行くつもりです。

「きゃー痛いでやんすー!!」

「やめろコンニャロォー!!!」

 その叫びに笑うホールデム。この男も上下関係をきっちりさせるタイプみたいです。

美味い宝船

 ここで真打ちスピードと彼女の部下が運ぶ「食糧宝船」が登場!桃源農園で取れた新鮮な食料がたっぷり運ばれてきます。彼らの独占に怒るのはルフィですが・・・。

 ここでルフィがゾロに指示。自分はお玉の方を、そしてゾロには宝船の方を任せます。

「あいつは怒るだろうがブッ飛ばさねェだけマシだと思え」

 

 場面は変わって、博羅町の入り口。ホーキンスがホールデムの元へ向かいますが、そこに刀を持った虚無僧が登場。ホーキンスの前に立ちはばかります。

 一瞬でその人物の実力を垣間見ますが、その正体はロー!唯一、顔を知る真打ちをここで倒す気なようです。

 

 場面は再び、ルフィ達。余計な人質はいらないとのことで、お菊を部下に捕らえさせようとしますが・・・。

 ここでルフィとゾロが同時に動きます。まずはルフィが噛二郎に打撃を与え、玉を救出。さらにスピードの部下をあっという間にゾロが斬っていくと、お菊を咥えた狛ちよを呼び出します。そのまま狛ちよが引っ張る船に乗り込み、町の外を目指します。

 

 一方、ルフィもお玉を抱え逃げようとしますが、彼女の頬がすっかり腫れていることに気がつきます。玉がペンチで引っ張られたことを明かします。これを聞いたルフィは憤慨した表情になり、玉を巻き込まないように放り投げ、ホールデムと対峙!

「吼えろ!!“獅子の火”!!!」

 なんと噛二郎の口から炎を発射!火というより爆発です。追撃で“絡繰刀”(からくりとう)という刀で攻撃しようとしますが・・・

「“ゴムゴムの火拳銃”(レッドホーク)!!!!」

 ルフィの強烈な一撃が、ホールデムの顔面にヒット!完全に喧嘩を売りました!

VS真打ち

 ということで、ホールデムに一撃を決めて、完全に喧嘩を売った形になりました。これはもうジャックと一戦交えかねませんね。

 ジャックが生きていたのは知っていましたが、思った以上に早く再登場しそうです。正直、ちょっと驚いています。

 彼の武器は持ち前のタフネスとパワー、そして持久力ですが、今のルフィは同じ四皇の幹部クラスを二人も倒しているので、そこまで不安にはなりません。もちろんルフィも全力出し切らないときついでしょうが・・・。

 ここで気になるのは、ジャックが九里の元締めだということ。つまりワノ国では大まかに分けられており、それぞれを最高幹部である3人の災害が管轄しているということでしょうか。そしてその上にカイドウとオロチがいる感じかな。

 

 また新キャラとしてスピードが登場。フランキーケンタウロスと違って、しっかりとしたケンタウロスです。上半身もすらりとしたモデル体型で美人ですが、馬並みと褒められると馬のような笑顔を見せます。それも嫌いじゃない!

 馬の特性として350°の視界を持ち、弓を手にしていたので見事な弓術を期待できそうです。ゾロの部下への攻撃は見切れなかったけど・・・。

 

 ところで、ホーキンス、ホールデム、スピードと真打ちが判明しましたが、これにシープスヘッドを加えたのが、ジャックの幹部といったところでしょう。そうなるとアプーやドレークは別の災害の部下ということでしょうか?いやでもお玉の村を襲ったのはドレークか・・・。

 

 また酒天丸についても、いろいろ情報が追加されました。お菊の反応を見る限り、彼女が例の盗賊団に所属している、または関係しているでしょう。

 前回、錦えもん達が使っている偽名とか考えましたが、ゾロの反応からしてそれは無さそうです。しかし上手くいけば、その盗賊団から助力は得られそう。

 

 まあ、個人的に一番目を引いたのはホールデムの戦闘方法なんですけどね。どんな戦い方するんだろうと思っていたら、まさかのライオンの口から火ですよ!こいつの体の構造は、どうなっているんだって話ですよ!

 まだ倒れるな、ホールデム!俺は貴様の戦闘方法にちょっと納得できていないんだからな!

 真打ちたちとの勝負に期待しつつ、また次回!