ワンピース航海記録 | 漫画と映画の感想と考察

ワンピースの過去話から最新話の漫画を中心に、映画から小説など隅々まで感想と考察を熱く濃く深く書いています。

私がおススメするガンダム作品とファンについて

ガンダム ファン 初心者 おススメ 面白い


 すっかり寒くなり、気持ち的にも滅入ることが多い今日この頃。(お前、いつも滅入っているな)

 そんな中、例のラノベ貸してくれる友人と、わりとアウトドア派な友人がなぜか「ガンダム」に興味を持ち始めました。前者はユニコーンを、後者はビルドダイバーズにかなりハマったようです。今更だな、おい。

 そして私に、「なんのガンダムを見れば良いか教えて」という質問を投げかけてきました。

 ちょっとこれには思うことがあるので、それも含めて今回は書いていきたいと思います。

私のおススメ作品

 おススメ作品を考えるのは難しいです。まずその人の好みに何が合うのかがわかりませんし、何を求めているのかもわかりません。

 しかもガンダムって視聴する順番で、露骨に好みが変わってくると思うんですよ。それは良いのですが、場合によっては他の作品を過剰に叩いたりする方向にもなりかねないのです。

 その上で今回は「多様性があり好みはわかれるも、全体的にガンダムに興味を持てる」という考えで、私なりにおススメ作品を紹介してきます。とりあえず、これらを皮切りに見てみるのはどうでしょうか?

「機動戦士ガンダム」

 やはり外せない初代の作品。リアル系スーパーロボットとして多くを震わせた傑作です。

 映像こそ古いですが、MSと呼ばれるスーパーロボットの強さ、印象に残るドラマ性、魅力あるキャラの主張と主張のぶつかり合いなど、後の作品にも大きく残っているガンダム特有の面白さが詰まっています。また、これを見ておくと後の宇宙世紀作品(Zから逆シャア)にも気軽に触れられるので間違いありません。劇場版もありますが、個人的にはTV版の方を見て欲しいですね。

 特にアムロとシャアは人気キャラで、この2人の関係性はとてつもないドラマ性をかもしだします。私もこの2人は大好きですね。

 

 ネックなのはやはり映像の古さ。それだけでも敬遠してしまう人はいるでしょう。だからこそ早い段階のキレイな映像に慣れる前で見て欲しいですね。

 それと独特のセリフ回しや展開、いわゆる冨野節もあるのですが、ガンダムを視聴していくのには避けて通れない道だと思っているので、それを知るためにもおススメです。

「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」

 主人公が民間人の子どもという後にも先にもこれだけの作品。しかしそのドラマ性はガンダムの中でもダントツで素晴らしいものとなっており、戦争の悲惨性をよく表現されています。

 単純に話数も少ないので、気軽に見れますし、それゆえなためか作品のストーリーのまとまり方も一級です。人間性ドラマに比重を置いているので、ロボットバトルものと見れば微妙な気もしますが、完成度だけで見れば、もしかしてガンダムトップクラスじゃないかな?

 

 ところでバーニィ役の辻谷耕史さんが先日、亡くなられましたね。F91のシーブック役もやっていましたが、本当に素晴らしい声優さんだったので残念でありません。嘘だと言ってよ、バーニィ・・・。

「機動武勇伝Gガンダム」

 ガンダムの中でも、もっとも異色と言っても過言でない作品。これまでの宇宙世紀とは違い、戦争とは違う強烈なバトルとキャラの個性が光ります。

 スーパーロボット特有のカッコよさが展開と相まって、ものすごく心が熱くなるようなります。

 一見、バトルに重きを置いているように思えますが、人間関係もかなり濃く、ドモンと東方不敗の師弟関係は心から涙します。昨今にも欲しい熱さですよ。

 

 ガンダムじゃなくてもよくね?なんて意見も聞きますが、この作品があったからこそ今の様々なガンダムがあるといっても過言じゃないでしょう。このガンダムが与えた影響は大きく、それ以降の作品に多様性を肯定してくれたと思います。

 それがガンダム作品の好みの争いを誘発したような気もしますが、それはそれ。

「機動新世紀ガンダムX」

 ガンダムだと珍しいボーイミーツガールな作品。ガンダムのカッコよさがしっかりしているうえに、ドキドキする甘酸っぱい感じもあるので、実は一番ガンダム作品の中でも最初に入る一般人に薦めやすいと思います。ガンダム版ラピュタって感じですね。

 また主人公の仲間である大人が枠すぎて、この作品をより魅力的にしていますね。この人たちは他の作品にも出向いて、主人公たちを救ってほしいものです。

 

 私としても好きな作品ですが、ネットだと打ち切り作品なんて言われることが少なくないのが悲しいです。個人的には、まとめ方がキレイすぎてその手腕に感嘆しました。よくあんなに上手く着地できたものだと思います。まあその前の過程が退屈だと言う人もわかりますが。

 それと宇宙世紀以外で「ニュータイプ」という単語を用いたことが論争を生んだ印象です。私も宇宙世紀は大好きだから気持ちはわかるけど、そこを叩くのは違うと思うの。

「機動戦士ガンダム00」

 知名度の高いガンダム作品のひとつ。

 10年前の作品ですが、映像がキレイでかなり見やすいです。戦闘シーンなどは特に気合が入っており、宿敵とのバトルからちょっとした小競り合いにまで飽きないような魅せ方がとても印象的です。

 またメインキャラやMS、設定が魅力あふれる上に、良い具合に中二心を刺激してくれるものになっているので、絶妙なカッコよさを見せてくれます。ただしここら辺は好み次第という感じもあります。

 

 SEEDやAGEと迷ったのですが、キャラ、MSデザインと戦闘での作画を考えると00が一番おススメですかね。私はAGEの方が好きですが。

 あとやっぱりキャラ先行な面はあるので、ガンダムを少し意識して視聴する必要があるかもしれません。

好きな作品と苦手な作品

 あくまで上記は「これからガンダムを知っていく人」のために考えたものです。そのため他のガンダムファンには納得できない人も多いと思います。そこらへんは目をつぶってちょうだい。

 加えて、やっぱり好きな作品についてもちょっと語りたくなるのがガンダムオタク。私の場合は「逆襲のシャア」ですね。とにかくドラマとMS戦が面白く、アムロとシャアの長い因縁に決着に興奮します。

 

 逆に苦手なのは「SEED DESTINY」と「鉄血のオルフェンズ」です。リアルタイムで見ていて、ストーリーとメインキャラの多くにあまり魅力を感じられませんでした。好きな点もあるけど、それ以上にキツイが多かったです。

 そしてここで好きな作品と苦手な作品を取り上げたのは、ちょっと考えることがあるからでして、それも含めて書いていきます。

種類が多い作品は面倒

 友人が私に上記の質問をしてきたのは、やはり「私がある程度ガンダムについて知っている」ことと「ガンダム作品の種類の多さ」でしょう。

 しかしこれでおススメ作品を選ぶのは、なかなか難しい。これは長年続いているかつ作品内に様々な種類があるタイプのジャンル全般に言えることですが、ファンの中でも好みがわかれるため、好きな作品だけでなく嫌いな作品もあります。

 ガンダムの場合、作品が多く、それぞれで設定や主義主張が食い違うものが多いため、こだわりを持つオタクからすればこれが争いの原因になるのでしょう。

 またネットが普及した今、自分が好きな作品を知るために情報を集めようとすると、どうしても他のガンダムの名を目にし、ファン同士の衝突に発展することもありますね。要するに、自分が気に食わない作品が目につくことが多いのだと思います。

 このような理由から、私はガンダムオタクは面倒くさい人が多い方だと思っています。(私もたぶんその類)

 

 ただ一昔前ほどではない印象です。かなり酷く叩かれた作品も再評価でだいぶマシになりましたし、以前よりも作品本編の面白さを伝えられる人が増えたり、しっかり見てから評価する人が多くなったからでしょうか?

「作品」の感想を述べる

 正直、このような作品の好みでの対立はどうあっても消せないようなものだと思います。

 ただこれだけは考えて欲しいのです。「自分の意見は作品に対しての感想なのか」という点です。価値観や好みは人それぞれなので、作品の価値もどれが一番かは一概には言えないでしょう。

 ただ作品を叩くために感情的になりすぎて、あまりにも的外れなこと(これも価値観次第な面はあるが)を言いだしたり、作品ではなくそのファンにまで人格否定するのは違うと思うのです。「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」とは言いますが、あくまでその作品の感想は作品だけで考えるべきなのです。

 

 結局のところ、オタクって面倒くさいんです。ネットが普及したため、より面倒になったとも思います。しかもあんなに作品の感想だけにとどめるべきと言いましたが、自分が評価できないような作品を絶賛している人がいたら、「うわあ、こんなの好きなんだ・・・」という感情が芽生えるのもわかります。私も経験したことあるし。

 ファン同士の争いこそ絶えませんが、私はだからこそ「人の心の光を見たい」のですよ。・・・ちょっと理想論すぎますかね、これは。でもナラティブ公開前に、ちょっとこういう感情に浸るのもありじゃないですか?